住友林業 3年目の無垢床。

みなさま こんばんは

我が家は、住友林業のBF構法で平屋を建てて3月末で3年を経過しました。

そこで、住友林業の売りの一つである、無垢床の経年変化について記事にしようと思います。

住友林業でお家を建てた方のブログを見ると、人気があるのはウォルナット・チーク・ブラックチェリー等でしょうか?

最近は、マホガニーも選べるようになったようです。

羨ましいですな。

ちなみに我が家は、マイナーで人気薄の国産胡桃(くるみ)がメインで、寝室が国産欅(けやき)、父親の和室の一部にバンブー(竹)が使われております(すべて無垢床)。

それと、茶の間和室の一部に、挽板ですがなぐり調のオークの床材をしようしております。

で、無垢床で経年変色が激しいといわれてるのが、チェリー材です。

チェリーは、時が経つにつれ色が濃く艶っぽくなりとてもイイ味わいが出てきます。

コチラも羨ましいです。

お金があれば入れられたのにな~って悔やまれますね。


それでは、我が家の無垢床を見ていきましょう。

建てた当時の胡桃無垢床
IMG_0068.jpg

IMG_0175.jpg

3年目の胡桃無垢床
IMG_2530.jpg

IMG_2542.jpg

カウンターは、ウォルナット無垢耳付き一枚板です。
IMG_2531.jpg

う~~ん 撮影時の日の当たり具合で明るく見えますが、自分の見た目で言いますと、サッシ側の日の当たる方は、色が若干薄くなってきたような気がします。

気がするだけで、それほど変化はないのかもしれません。

って言うか、よくわからない。
(´・ω・`;A) アセアセ

入居後、すぐに購入したマッサージチェアの下に敷いてあるカーペットをめくっても違いが分かりませんでした。
ネセサ FMC-N230(B).jpg


つづいて、欅無垢
IMG_2533.jpg

コチラも、建築当時からこんな感じの赤茶色でそれほど変化ないような気がします。

建築直後の写真は、こんなのしかありませんでした。
日本ベッドとアクセント壁紙.jpg
ちょっと比較できませんね。
(´-ω-`;)ゞポリポリ


和室のバンブー無垢
IMG_2546.jpg
建築当初の写真が見つからなかったので、比較できませんが、自分の見た目では若干色が濃くなったような気がします。

オマケで、なぐり調ダークオークの挽板
IMG_2532.jpg
コチラも、変化ないような気がします。

以上、ほとんど比較できない床のお話でした。
(A;´ 3`) ぁせぁせ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック