昔のお金持ちのお家は、庭が凄い!!

みなさま こんばんは

今日も、新潟観光二日目のつづき。

昨日は、北方文化博物館新潟分館の入り口までご紹介しましたので、今日はお家の中をご紹介します。

風情のある門を潜って中に入ります。
IMG_3578.jpg

ココのお家は明治28年(1895年)ごろの建築だそうで、既に100年以上経っております。

住友林業が、LS30とか自慢げに言ってますが、昔の家って相当長持ちしますよね~。

まーそれなりに、お手入れはしてるんでしょうけど。。。

1階には縁側と土間で部屋が囲まれております。
IMG_3579.jpg

IMG_3581.jpg

縁側に座って、枯山水のお庭を眺めながらお茶でもしたいもんですな。


自分のお家を、住友林業で建てるとき、昔の家のように縁側のある家に憧れてたんですが、土地の南北方向の幅が14mしかなかったので、縁側なんか作っちゃうと庭が少なくなるので断念した経緯があります。
(´・ω・`;A) アセアセ

最近は、高気密高断熱で家の性能を上げる傾向なので、縁側なんて以ての外なんでしょうかね?

廊下もムダととらえられ、極力少なくする方向で設計しますよね。



それでは、2階

コチラからも、眺めは最高です。
IMG_3584.jpg

IMG_3582.jpg

縁側のあるお家。 イイです。

庭側からお家の方を撮影。
IMG_3599.jpg

外壁の一部。
IMG_3598.jpg

網代天井じゃなく、網代壁?です。

中々風情がありますが、どんなお手入れをすると長持ちするんでしょうかね?



つづいて、庭園で有名な旧齋藤家別邸

ここは、敷地がデカすぎ(1300坪)て、家づくりにはあまり参考になりません。

庭園が素晴らしい。

1階大広間からの眺め
IMG_3601.jpg
家に滝があるなんて。。。

IMG_3608.jpg

2階からの眺め
IMG_3612.jpg

コチラのお家は、庭も凄いけど部屋の建具も凄くて、彫刻欄間もだいぶ手が込んでました。

ちょっとした襖でも、襖絵が描かれていたり。
IMG_3603.jpg

床の間も、こんな広い面積。
IMG_3604.jpg

最近のお家じゃ、ここまでのものを作る方は余りいないでしょうな。

2階廊下の隅には、こんな戸棚のようなものがありました。
IMG_3610.jpg

このお家は、来年で100年目だそうで、約100年も前から、こんな曲面の戸棚を作っていたとは、恐れ入ります。



見学後は、大福で有名な「さわ山」さんで3時のお茶。
IMG_3615.jpg

既に、大福は売り切れていて、有ったのは草餅と笹餅
IMG_3613.jpg

餅の塩味とあんこの甘みが絶妙です。

いや~ ココのあんこはうまい!!

明日大福のリベンジをします。
(A;´ 3`) ぁせぁせ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング









この記事へのコメント


この記事へのトラックバック