土地の周辺環境力測定って知ってました?

みなさま こんばんは

最近、通勤路にある建売物件があっという間に出来て売り出されておりました。

物件の情報を調べたら、駅から徒歩5分 木造3階建て 2SLDK 建物面積91.62㎡ 敷地面積66.75平方メートル 駐車場1台の物件が税込み4,380万円でした。   

ぱっと見は、日当たりが良くなさそう、車も軽自動車しか置けなさそうですが、駅にもスーパーにもコンビニも小中学校も近いところが魅力的なようです。

1chKOeAHhLD7NEq_7TCfI_22.jpg

って事で、お家を買う場合の要件は人それぞれですので、この物件も近いうちに入居される事とは思いますが。。。

ちなみに、こちらの建売物件の土地の周辺環境スコアを測定したところ、6,857でした。

以前住んでいた、栃木のアパート付近は3,883

その前住んでいた、川越のはずれは、4,103

現在のお家付近は4,354となっておりました。

こちら⇒周辺環境スカウター で住所を入力すれば測定する事が出来ます。

なんとなく、便利度が高いとこほど、スコアも高いようですので、内訳を調べてみました。

周辺飲食店の充実度・コンビニへの近さ・スーパーへの近さ・保育園への近さ・保育園の定員数に対する待機児童数の少なさ(但し、データの情報が古い)・ツタヤとゲオの近さ 以上で点数付けされております。

この要素だけで、点数付けされてもね~ とおもいますが。。。
┐(´・c_・` ;)┌

まー ちょっとした遊び感覚ですが中々おもしろい。

みなさまのお家は何点だったでしょうか?

住むにあたっては、利便性を取るか? 快適な住環境を取るか? 優先順位は人それぞれです。

土地を選ぶには、今後のライフプランからお家に対する要望や希望を子供の教育環境、会社への通勤、親との同居、セカンドライフの生活など、家族みんなの意見を書き出し優先順位をつけて検討する事をお勧めします。

ちなみに、我が家は金額と広さ、駅が近い、スーパーが近いといった要素だけで土地の購入を決めてしまいました。

普段の生活は、とてもよいのですが土地を購入するときに、上にある送電線を何も気にしなかったため降雪時に雪の塊が落ちてきて結構な音がすることには気付きませんでした。

過去記事⇒まさかこんな土地だったとは。。。

土地購入の際は、現地に行って朝昼夜、平日休日の状況を見ると良いらしいのですが、さすがに真冬の降雪時までは気が回りませんでした。

って言うか、そんなに年中土地を見に行ってたらいつまで経っても購入する事が出来なくなってしまいますよね。

ある程度の、あきらめも大切なようですな。
(;´Д`A “`

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック