市町村勢概要って知ってます?

みなさま こんばんは

昨日の通勤途中で聞いたFMナック5で、埼玉県の中で県庁所在地のさいたま市より利便性が高く、子育てや介護関係も充実している都市として、和光市が紹介されていました。

通勤途中にラジコで聞き流していたので、うろ覚えなのですが、交通の便もよく(東上線で池袋まで13分、地下鉄で渋谷方面や銀座方面にも出やすい)

道路では、東京外環自動車道の出入り口があり、関越道、東北道に出やすい。

子育て支援においては、昨年の11月8日に安倍総理が訪問し懇談会を開いたもようです。
記事1⇒懇談会
記事2⇒動画

安倍総理.jpg

ウィキペディアによれば、県内で一番平均年齢が若く、生産年齢人口(15~64歳)割合は71.6%で、埼玉県では一番多いそうです。

こういった事が若者に評価されてるのか、(過去記事)⇒土地の周辺環境力測定 の中にも書いてある、狭小建売住宅で約4,400万円もする物件が、3棟ともあっという間に売れてしまいました。

やっぱり、住まい方って人それぞれですよね~

庭無し、小さな駐車スペース1台分、3階建て、日当たりも良いとはいえない建売物件で、4,400万円を私は出す気はありません。

そこに住まう方には、それほど魅力的な価値があるのでしょう。

自分の夢見ている住まい方は、DASH村的なものなので、本当はもっと広い農地があればな~ と思っております。

今回、毛呂山町で行っている農業塾では、そば打ちやヌカ漬け、収穫祭時のBBQなどが予定されてるようなので、楽しみです。

それにしても、生き方、住まい方についてネットで調べるとおもしろいですな。

小屋暮らしのBライフ、ダウンシフター的な生き方、ミニマリスト的な生活、賃貸住宅の普通のサラリーマン生活、仕事や住宅ローンに追われるような生活、ちょっと背伸びして月島や豊洲のタワーマンションでの生活、セレブ生活にあこがれてヒルズ族やネオヒルズ族のパーティーに参加してしまう方々も居ますな~。

先ほどの和光市の話にも関連しますが、埼玉県には市町村勢概要があり、ものすごくいろいろなデータ(標準地価や保育園、小中学校の数、公園の数、火事の発生数、犯罪や事故の数などなど)が集まっておりますので、どこの都市に住むかを検討するのには参考になると思います。

埼玉県以外にもこんなデータあると思いますが、すみません、リサーチしておりません。
(´・ω・`;A) アセアセ

いろいろなデータを参考にして、より良い暮らしができるとイイですな。
(´-ω-`;)ゞポリポリ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック