こんな事あっていいのか?(公平性という足枷)

みなさま こんばんは

今朝、通勤途中にFMナック5を聞いていたら、エコノモーニングというコーナーで経済評論家の藤沢久美さんが、熊本の震災に対して救援物資を送る活動について語られていました。

彼女は、物凄く顔が広く行動力も抜群なので、知り合いの各方面の社長達と協力し、救援物資を手配し被災地に届けようとしました。

で、届けるにあたってどこの避難所に届けたらよいか? 行政に聞いたところ、「公平性に欠けるのでダメです」と断られたそうです。

全体に配るならいいけど、局所的に配るのはダメなようです。

でも、とりあえず色々な情報を得て物資をいろいろな避難所に届けたのですが、帰りのトラックは空であり避難所の片隅にはゴミが大量に山積みになっていたので、トラックに積んで処分してあげようとしたら。。。

こちらも、「ダメです。法律でゴミは勝手に他の自治体で処分できない事になっております」と断られたそうです。
┐(´・c_・` ;)┌ ダメダコリャ・・・

確かに、市町村には、その区域内で発生した一般廃棄物を適正に処理する義務が有りますが。。。

震災のときぐらい、例外で「首長の判断により他の市町村に処理の委託をしてもかまわない」って条文があればイイのに~ と感じました。

そりゃ~ 「人んちのゴミを俺が税金を払ってるこの街で勝手に処分するなど、けしからん!!」って思われる方もいらっしゃると思いますが。。。

こちらも、公平性ってやつが悪さしてるようです。



でもね、そんな意見「人としてどうなの?」って感じがします。

困ったときは、お互い様じゃないでしょうか?

それと、あんな大惨事なのに法律を頑なに適用しないといけないのでしょうか?

もっと、柔軟な対応が出来ないものですかね~?



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック