地震保険も考えものですな。

みなさま こんばんは

昨日は、関東地方でも結構大きな地震がありました。

熊本に続き、関東でも。。。

恐ろしいですね~

我が家は、埼玉で震度2でしたので、チョット揺れただけで済みました。

過去記事⇒地震保険家財が全損になることは、滅多にありません。の記事では、文字だけでの説明でしたので、分かりづらかったと思います。

今回は、チェックシートではありませんが、品目と破損数の表を見つけたので貼っておきます。
※表お借りしました。
地震1.jpg
地震2.jpg

これを見ると、キッチンにあるもの(食器陶器類食品)が全て壊れたとしても5ポイント
電気機器の80インチの4Kテレビとパソコンが倒れて壊れても2.5ポイント×2で5ポイント
家具類の食器戸棚が倒れて食堂セット?(ダイニングテーブルとチェア)が壊れても4ポイント×2で8ポイント
合計18ポイントと言うことで。。。

地震保険の支払いって全損(家財の80~100%の損傷)で100%、半損(30~80%未満の損傷)で50%、一部損(10~30%未満の損傷)でたったの5%の保険金しか支払われません。

上記の例で言いますと、一部損でもし1000万円の保険に入っていたとしたら、50万円しか支払われません。

全然、購入時の金額より低いですね
(´д`ι)

で、表を見ると衣類寝具が30ポイントも配点されていますので、それ以外の物が結構壊れてても、衣類寝具の査定だけは厳しいので、損傷が80%までに届かず、大方半損となるようです。

この査定ポイントは、お国も関与しているようです。

ほぼ、全損にはならないようなしくみとなっております。

地震保険も、考え物ですな。
(`・з・)ブー

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • お言葉ですが、地震保険はそもそも「失ったものを取り戻す」ためのものではありません。
    地震による被害があっても、「全く生活が出来なくなる」というのを防ぐためのものです。

    そのため、保険金額も主契約である火災保険の半分が限度です。

    筆者様は地震保険そのものの考え方が違っていると思います。
    2016年10月10日 10:19

この記事へのトラックバック