認知症の親のお金のこと。 分かってきました。

みなさま こんばんは

先日、認知症の親父のところに、一通の手紙がかんぽ生命から送られてきました。

親父に確認して、見てみると。。。




あら! 銀行に残高が無くて保険料の払い込みが出来ないですと~~

IMG_4856_LI.jpg

で、通帳を確認すると、数千円しか残高が無く、引き落としできない状態でした。

今日は、有休だったのでこの際親父の預貯金や保険などをすべて把握しておこうと郵便局やJAに行っていろいろ確認してきました。

まずは、JAに行って年金の定期預金がどのようになってるのか? 窓口で確認。

H26年から通帳記入してなかったので、どんな状態だかわからなかったのですが、窓口のお姉さんに説明していただき、内容を知ることができました。


続いて、郵便局で引き落とせなかった簡易保険について確認すると、普通終身保険と第一種疾病特約の保険だということが分かりました。

こういった保険って、本人が入院などをしたときに請求も本人がしないとダメみたいなのですが、実際92歳の認知症の親父がそんな請求なんて出来るはずがないので、郵便局のお姉さんに聞いて見ると。。。



こんな特約があるらしい。
IMG_4857.jpg

息子の私が、指定代理請求人となり保険金の請求が出来るんだってさ。

この特約は無料です。


この他にも、家族登録制度ってのがあります。
IMG_4858.jpg

登録すると、かんぽ保険からの連絡が、私の方に来るようになります。

手紙が来ても理解できない認知症の親がいる場合などに有効です。

郵便局は、こーゆーの教えてくれたけど、JAは教えてくれなかったな~
(A;´ 3`)ブーーーーーーーー


郵便局で、上記二つの登録をして、家に帰ってきて再び親父の通帳を確認すると、内容の分からない互助会の費用が毎月3,000円引き落とされてるのと、アフラックの医療保険に毎月8,000円弱引き落とされてることが分かりました。

本人に聞いても、何が何だか分かりませんでしたので、銀行や葬儀屋などに電話をかけまくって、やっと中身が分かりました。

互助会は、母親が亡くなったときに加入したもので、あと3回引き落とされて終了するらしく、コレに入っておくと親父の葬儀費用が若干お安く出来るらしい。

アフラックのは、何かよくわからない特約が付いてましたが、本契約の中身は入院5,000円と手術で若干の給付金がもらえるってもの。

こんなのに、8,000円弱も毎月支払ってたのか~

かんぽでも入院費を貰うことができるので、アフラックは解約することにしました。

これで、親父のお金のことはだいたい把握することができました。

これで、チョットは安心だね。





本日のオマケ。

今日の夕食。
IMG_4838.jpg

今日は、昨日の残りがメインだね。

メニューはビールの横から、ナスのミートソースチーズ焼き・もつ煮・ささみのジャガころもから揚げ・トウモロコシ・にんじんしりしり・大根漬け・栗と山菜のおこわ。

今日も美味しく完食~~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

この記事へのコメント