本当に必要な老後資金のリアル  って 言うじゃな~い!

みなさま こんばんは

今日、ネットニュースを見ていたら、こんなショッキングな見出しが~

『大悲鳴「老後2000万円では全然足りない」本当に必要な老後資金のリアル』

えっ? 麻生さんは2000万円足りないって、言ってたんじゃ?。。。

記事の中では、青山学院大学大学院の榊原正幸教授(会計学)は「金融庁の報告書をよく読むと、2000万円はかなり甘い金額であることがわかります」と指摘しております。

そこで、さまざまな説を検証して導き出した、本当に必要な老後資金額の最終結論とは——。って観点で記事になってます。



この、2000万円ってのは、「実収入」が20万9198円で、「実支出」が26万3718円となっており、「平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5.4万円となっている」で、老後30年生きるとすると、約5.4万✕12か月✕30年=約2000万円。

ってことで、「老後2000万円問題」とはつまり、単なる算数の問題なのですが、この一文が独り歩きして、世間を騒がせ、政府を揺らがせることにもなったようです。


でも、この「報告書」が本当にいいたかったこととは~

1 就労継続の模索=長く働いて収入を増やす
2自らの支出の再点検・削減=支出を減らす
3保有する資産を活用した資産形成・運用=資産運用で収入を増やす

といった「自助」の充実をしましょう、ということを述べているそうです。

で、この記事の筆者が言うには。。。

「老後に1300万円~2000万円が必要だ」とした「報告書」はあくまでも、現在における「老後の収入」の「平均値(約21万円)」と「老後の支出」の「平均値(約26万円)」から「収支差額」を示したに過ぎない。

で、このことが示しているのは、本質的には「現在のところ、平均的な日本人は、老後に毎月およそ5万円の貯金を取り崩しながら生活することができている」という事実。なんて言っていますが。。。
omoi_man_seikatsuhi.png


ホントかね? 取り崩して生活できてる?

じつは、この報告書には、「住居費」は月額で1万3656円しか計上されてなく、これはローン返済済みの家がある前提って訳なんだよね~。

固定資産税分位でしょ この金額じゃ

で、やっぱり2000万円では足りないじゃないですか。余裕を見て、少なくとも3000万円は必要ですね。 な~んて言ってます。

この後、何故かこんな展開に~

国民の不安を箇条書きに
1  2000万円もない!(悲鳴)
2  2000万円なかったら、どうすればいいんだ⁉ (悲鳴)
3  年金収入が月額約21万円も受け取れそうにないんだけど、どうすればいいんだ⁉ (悲鳴)
4  年金収入が月額約21万円から下がるんじゃないか(不安)
5  持ち家がなく、ずっと家賃がかかり続けるから、毎月の支出が26万円ではすまない!(悲鳴)

この後、筆者が、これらについて、単刀直入に答えます。

と、言いながらも、その答えは。。。

やはり、2000万円、いや、「3000万円とローンのない家」を持っておくしかありません
(冷たいようですが、それしかありません)

だってさ。
binbou_man.png

全部には、答えてくれてません。

しまいにゃ、「その分、しっかり資産を形成しておくか、支出を抑えて質素に暮らすか」です。それしかないのです。 ですと~~

う~~ん コレが答えか?

最後の〆の文
悲鳴を上げたり不安に思ったりしていても事態は改善しません。ひたすら貯蓄に励み、それだけでは足りないでしょうから、資産運用の力を借りて増やしていくことしかないのです。



だってさ。(‘・c_・` ;)

なんじゃコリャ~~っ





本日のオマケ。

今日の夕食。
IMG_7852.jpg

メニューはビールの横から、ちくわボート・レンコンもち・メンマ風マコモダケ・ヤリイカと里芋煮・鉄火丼・まぐろのづけ。

我が家の里芋は、鉢植えなので食べたいときにすぐ採れるのがイイ。

家のは、品種のせいか? ねっとり柔らかで 美味しいんだよね~

ヤオコーで美味そうな赤身が有ったので、づけにしました。

づけにすると、もっちりねっとりして美味い。

今度は、流行りの塩マグロをやってみようかな?

塩マグロも、もちもち食感になるらしい。

今日も美味しく完食です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



















この記事へのコメント