介護ベッドが、我が家に来た日。

みなさま こんばんは

最近、膝が痛いと訴える認知症の親父の為に、介護ベッドをレンタルすることにしました。

膝が痛いと、布団からトイレに行くときの起き上がって立つまでがかなりしんどいみたい。

ベッドなら、足を下ろして手すりを摑まれば、すぐに立てるからね。



来たのは、フランスベッドの2モーターのもの。

こんな感じのやつ。
img1_file5cc033d55a867.jpg

高さ調整と、背もたれ角度と膝のあたりの角度調整が出来ます。


配達された後、親父に感想を聞いたら、「空間が狭くなるなぁ」とそれほど喜んではいない様子。

で、昨日からベッドに寝ることに~

親父は、オシッコが近いので何回も夜中にトイレに行きます。

昨日も、夜中に私がブログを書いていると。。。

「あ~~ 地震が凄いな~~」などと口走りながらトイレに何回も行ったり。
(地震なんてありませんでした)

なにか、ゴソゴソ部屋の中がうるさいので、見に行くと

洋服を重ね着しながら、「どこに避難するんだ?」と、訳の分からないことを言う始末。

家内が、「地震なんてないよ、早く寝な」とうながすと、「あんた 誰だっけ?」とかなりボケてる様子。

私が、「イイからその服脱いで、ちゃんとパジャマで寝な」と説得すると。。。

「寝て良いのか?」とのたまう。

心の中で、「誰も寝るななんて言ってないだろ」と思いながら、「うん、寝てイイんだよ」と寝るのを促しました。



私もブログを書き終え寝ていると、5時過ぎになにやら廊下を歩く足音が。。。

家内が先に気付いて、見に行くと。。。

また外に行くような恰好をして「どこに行くんだ?」「あんた誰?」などと家内に言ってるので、私も起きて「ここどこだと思ってるの? 家だぞ」というと

親父は「わかんねぇ」と何を聞いても「わかんねぇ」の一言を繰り返すだけ。

「何が分かんないんだよ?」と聞いても「わかんねぇ」

お話になりません。

徘徊の始まりか?



服を着替えさせ、また寝かせようとすると。。。

「こんなとこに閉じ込めるのか?」とベッドの柵が気になる様子。

「イイんだよ、膝が痛くならないようにベッドにしたんだから」というと「あ~ ベッドか~」と、やっと正気に戻ったみたい。

自転車で転んで事故って入院した時の事を思い出してたみたい。

柵のあるベッドに寝てたからな~


今日は、ちゃんと寝てくれればイイんだけどね~





本日のオマケ。

今日の夕食。
IMG_7796.jpg

メニューはビールの横から、豚肉のモヤシ卵炒め・参鶏湯・じゃがバタ塩辛・茹で落花生・黒豆クリチ・シュウマイ。

モヤシ卵炒めは、シャキシャキしてて美味しいね。

参鶏湯も身体が温まって、イイね。

今日も美味しく完食です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





"介護ベッドが、我が家に来た日。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: